審査甘い消費者金融

最終更新日2017/4/30

名古屋で借りれる金融会社

審査に通る可能性

審査に通る確率を上げるためには、自分の借り入れ件数と借金総額に合った消費者金融で申し込むことです。銀行系や大手の消費者金融は借り入れ件数が3件以内で借金総額が年収の三分の一以内であることが求められます。勤続年数も三年以上で、年収が350万円以上あれば問題ないでしょう。過去5年以内に自己破産をしてブラックリストになっていないことも重要なことです。銀行系の審査に自信がない方は、中小の消費者金融で審査を受けましょう。大手ほど審査は厳しくないですし、中には借り入れ件数が5件以上でも審査に通るところもあります。但し、ブラックリスト対象者や年収の三分の一以上の借り入れがある方は、審査に通ることが出来ません。そういった方は、更に審査の甘い金融会社をお奨めします。

名古屋市

金利規制の弾力化

金融機関の金利は、臨時金利調整法に基づく財務省告示によってその最高限度が決定されるシステムになっていますが、45年に財務省(当時の大蔵省)告示により、その内容が大幅に変更され簡略化されました。それは、貸出金利について往来八種類に分類されて規制されていたものが、貸付および手形の割引と、当座貸越との二種類の規制区分けとなり、また預金金利については、往来10種類に分けて規制されていたものが、機関の定める預金、当座預金、納税準備預金、その他預金の四種類の規制区分けとなりました。そして更に貸出金利については、昭和55年移行、年利15.0%以下に一本化されました。貸出金利については、日銀の公定歩合を基準にして、全国銀行協会連合において自主規制金利を決定していましたが、独禁法の一部改正やその運用強化を配慮して、昭和50年にこの自主規制金利方式を撤廃し、各銀行の自主的な判断で貸出金利を決めることになったのです。

名古屋地区一覧表

名古屋市/愛西市/あま市/一宮市/稲沢市/犬山市/岩倉市/大府市/尾張旭市/春日井市/北名古屋市/清州市/江南市/小牧市/瀬戸市/知多市/津島市/東海市/常滑市/豊明市/日進市/半田市/弥富市/安城市/岡崎市/刈谷市/高浜市/知立市/豊田市/西尾市/碧南市/みよし市/豊橋市/豊川市/蒲郡市/田原市/新城市/名古屋市(なごやし)は愛知県西部(尾張地方)濃尾平野に広がる政令指定都市で、同県の県庁所在地である。全16区から構成され、 横浜市・大阪市に次ぐ全国第3位の人口を有する。三大都市圏の一つである中京圏(名古屋圏)の中枢都市で、県内では、豊田市・新城市・岡崎市に次いで4番目に広い面積を有する市である 。

★本日の特別貸付枠★

毎日更新絶対借りれる金融一覧

  1. 消費者金融一覧人気No.1