本文へスキップ

ショッピング枠現金化

クレジットカード商品枠

クレジットカードには商品を購入するシステムとは別に、現金を引出せるようにキャッシング枠が設けられています。現金化サービスを利用するとキャッシング枠を使い切っていてもショッピング枠に残高があれば利用することが可能になります。また、金利面だけを見ても通常でのキャッシング枠を利用するより安い金利が設定されているのと、お支払い方法をリボ払いや分割払いを選べる点を見ても利点が多いとされています。

合法な取引だと信用し、クレジットカードでキャッシングを行うのは、とても手軽です。まるで既に貯金しているお金をそのまま使うような感覚でキャッシングが利用できるので、精神的な負担がほとんどなくキャッシングができます。いずれにしても、カード会社は客からの入金を期待して代行払いを行います。

現金化の危険性

もちろん、こんな手法にすがらなければならない人が、 まともに返済できる状態ではないことは明らかで、最終手段として金を作っていることが多く、焦げ付きの原因となっています。クレジットカードは簡単につくることができる上に、日本人の人口をはるかに超える枚数が発行されていますので、犯罪者にとっては格好のねらい目だと言えます。結果、多額の借金を背負った事にすら気が付かないなどという事になるのです。

キャッシングは、節度こそが大事です。 このような手を使って他社の借金を返済しても、まったく意味がありません。このとき、カード会社には、カードで買い物をしたことになっていますので、その代金は後日、カード会社に支払わなくてはなりません。結果的に、お金を借りたことになるわけですが、支払いはあくまでカード会社に対して行われるため、この業者自体は貸金業ではないと主張しているようです。けっして、ショッピング枠を利用して現金をつくるようなことをしないようにしてください。それだけにカード会員の皆様が、こうした犯罪に巻きこまれる危険も高まっていると考えております。