本文へスキップ

090金融の手口

非合法なキャッシング業者

 090金融とは、看板や張り紙、広告チラシに 『 090 』 で始まる携帯電話の番号しか記載せず、正体を明かさないキャッシング業者のことです。ヤミ金の代表格で、融資審査など無く、あったとしてもとても甘いもので、高い金利でのキャッシング業務を行う無登録業者がほとんどです。キャッシングの返済が滞ると、当然、取立てが始まりますが、貸金業規正法を無視したヒドイ取立てが始まることでしょう。親兄弟、親族、知人にまで影響がでることは間違いありません。連絡先を固定電話の番号ではなく携帯電話やPHSしか持たない違法なキャッシング業を営み、固定電話の番号を有しないのは全て無登録であり、違法な高金利・取立てを行う非合法なキャッシング業者なのです。

ヤミ金融業者

(貸金業を営むには必ず固定電話の番号を有しなければならず、携帯電話番号の登録は一切認められていません) それにも関わらず無登録で貸金業を営む業者は、通称「ヤミ金融業者」と呼ばれています。また最近では、登録業者も含め、法律に違反するような高金利で貸付を行なったりする業者もヤミ金融業者と呼ばれており、注意が必要です。ちなみに、番号が『090 』 の他 『 080 』 や 『 070 』 で始まる番号を使っている場合もありますが、これらも総称して 『 090金融』 と呼ばれるのが一般的です。あたかも、まるで低金利で融資するように思わせて多重債務者を呼び込み、「あなたの信用状態はよくない。うちでは貸せないので他の店を紹介する」などといって、他の店で借りるように指示し、借入れた金額の一部を紹介料としてだまし取る手口連絡先を携帯電話の番号だけしか持たず、しかも、その携帯電話も他人や架空の名義で取得した『とばしケータイ 』 であったり、悪質代理店が回収した携帯電話の横流し品であったり、遺失物または盗品であったりするのが実情です。固定の事務所が不要なため、キャッシング業者の所在がまず判明せず、違法行為が行われていてもほとんど摘発が非常に難しいのが現状です。